ホームへ戻る カートを見る My Pageログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

オーナー・プロフィール

【 Owner Profile 】

インナー・アンチエイジング ショップ 古々彩々

   代表 / 健康ライフ・コンサルタント
      齋 藤 幸 久(Yukihisa Saito)

   ◇ 1962年(昭和37年)8月1日 東京都大田区出身
日本食育インストラクター認定証
   ◇ NPO法人 日本食育インストラクター協会認定
               Primaryインストラクター

   ◇ NPO法人 日本ホリスティック医学協会 会員

   ◇ 個人ブログ:
     病気に関する知られていない『都市伝説』と
                  『がん患者の闘病記』

         ⇒ 

【 経 歴 】
1985年に理工系大学を卒業後、主に日系SI(システム・インテグレーター)や外資系のアプリケーションベンダー・ミドルウェアベンダー・SIベンダーやデータベースベンダー等で約26年間のサラリーマン生活を順調におくる中、悪性リンパ腫の診断を受ける。
がんと診断された時は、老舗のドイツ系IT会社の日本法人を新規設立させた後に、更に新規事業の責任者として新たに会社をスタートさせた直後の晴天の霹靂の如きタイミングであった。
その為、治療入院中も病室で、通院治療中も自宅で総責任者としての責務を継続するも、抗がん剤の副作用により働く事が出来なくなり、がん再発も懸念された為、2011年1月末に退社をして療養に専念する決断をする。

治療期間を振り返ると、療養中にしていた仕事の緊張感が、様々な抗がん剤の副作用や辛さを抑えてくれていた気がします。新会社が無事に軌道に乗って来た時に、全く動けなくなったのは張り詰めていたもの『気』が無くなったからだと考えています。
人間にとって『気』は、生きる上で重要な事が再認識できる出来事です。

【 古々彩々の創業経緯 】
2011年9月 :
療養中ではあったが、闘病及び療養期間中の経験と知識を過去の自分の様に困っている方々に生かしてもらいたいと考え、また社会復帰のリハビリも兼ねて古々彩々のネットショップを試験的に立ち上げて本格的な開業に備える。
2012年6月 :
寛解後2年を無事に迎える事が出来た事を機に、自身の経験や収集した情報を社会に役立てる事を運命だと考え、ネットショップ以外にも医療機関等と連携する本格的な事業の展開を開始する。

【 病 歴 】
病名: 悪性リンパ腫 (ステージ犬遼期診断)

診断名は、『中悪性度の非ホジキンリンパ腫びまん性大細胞性B細胞性リンパ腫』。
2010年1月28日に後背リンパ節を原発とする腫瘍が腹部内で巨大腫瘍となり、クモ膜下腔内の脳脊髄液、横隔膜及び右睾丸にもガン細胞が転移したステージ犬任△襪PET検査結果を基にがん告知を受ける。

治療: R-CHOP療法 & 機能性食品による代替療法
 - 抗がん剤による化学療法 :

   CHOP療法=8クール、リツキ酸=6クール、髄注化学療法=3回
 - 代替療法(機能性食品 法抗がん剤副作用対応と再発防止の補助として利用
   レンチンプラス1000 LY / エヌケイシーピー / ケフィーラPlus
 - 代替療法(機能性食品◆法
抗がん剤副作用対応の補助として利用
   EM・X GOLD / EM蘇生ミネラル / EM蘇生海塩 / EMW


CHOP療法は8クール、リツキ酸(R)は6クール、髄注化学療法は3回の化学治療を当初のスケジュール通り2010年1月末〜5月迄の約4ヶ月間で実施する。
同年6月21日に『完全寛解』と診断されるが、高い可能性で再発を示唆される。
寛解診断から2ヶ月を過ぎた頃より抗がん剤の副作用に悩まされるが、医学的な検査で異常が認められ無い事から治療が受けられなかった為、自らで様々な代替療法を研究して実績の高い機能性食品(健康補助食品)を摂った結果、極度の倦怠感、全身の関節痛に加え、最後まで悩まされた手の痺れや痛みが数ヶ月で解消され、最終的には体力や免疫力もほぼ健康時同等に復活する。
平成24年12月に寛解後2年半の経過診察で、寛解後5年の『完治診断』を待たずに今後再発の可能性はほとんどないとの診断を受け現在に至る。