ホームへ戻る カートを見る My Pageログイン ご利用案内 お問い合せ
RSS
 

生活スタイル基礎編





現代生活は、本来は体が好まない肉中心で脂肪過多な食生活、慢性的な運動不足、過度なストレスや化学添加物等の『食』に関する悪要因が絡み合い、体内では『慢性炎症』が静かに蔓延しています。この慢性炎症は、自然な加齢以上に体を老化させ、本人の自覚症状が無いままに『生活習慣病』へと体を蝕んで行きます。
また、野菜などの食材が持つ機能・栄養の低下や増加するストレスなどの社会変化が、体が本来持つ『自然治癒力』を低下させています。
その結果、昭和初期以前は稀だった生活習慣病やアレルギー病等が現代社会では増加している事はご存知の通りです。

そして、この様な現代社会で健康を維持する為の自己防衛を考えた答えが、『インナー・アンチエイジング生活』を実践する事です。この生活は、リーズナブル(合理的)で楽しい生き方を実現できる生活です。自らが身をもって体験していますので、ご興味があれば是非お問合せ下さい。
無駄な努力、多くの時間の浪費や不要なストレスを感じながら健康を維持する事は、健康とは本末転倒の行動です。健康生活を目指す方は、是非インナー・アンチエイジング生活をお試し下さい。

実践目標 - 1 :自らで病気を予防(治癒)する意識を持つ
実践される方が健康維持に対して前向きな気持ちになり、自分の健康は自分が守らないといけない事(自己責任)を認識する事が、この生活を実践する条件として大変重要です。特に病気の方は、過去の自分を責めるのではなく、過去を反省して『自分で病気を治そう』と言う前向きな心構えになる事が重要です。

実践目標 - 2 :慢性炎症を予防し、免疫力を高める食事をする
何気なく食べている現代の食事は、体内で『炎症』を発生させるホルモンの『炎症性エイコサノイド』を過剰に放出しています。
体内で起きる慢性炎症は、がんなどの生活習慣病を始めとした多くの重篤な病気の原因と報告されています。
そこで、自然治癒力を高める玄米菜食を基本にした抗炎症の食事に変更する事で、『炎症性エイコサノイド』の放出が抑制され、慢性炎症が起こらない健康な生活に改善出来ます。慢性炎症が起こらなければ、過剰な活性酸素も発生しませんので、多くの重篤な病気を避けることが出来るのです。
    ※ 6つの生活改善で最も難しい改善ですが、成功の鍵となる改善です。

実践目標 - 3 :肥満の中でも特に 『内臓肥満』 を避ける
内臓肥満は、『炎症性エイコサノイド』を放出して全身で慢性炎症を起こす為、食事の改善、適度な運動や過度なストレス回避等を行い内臓肥満を防止する必要があります。
欧米化した食事は、食事が慢性炎症を起こすだけでなく肥満になる事で更に慢性炎症を起こすリスクを高めます。単に肥満がいけないのではなく、炎症性エイコサノイドを放出する内臓肥満を防止する事が大変重要です。

実践目標 - 4 :体が必要とする 『適度な』 運動を行う
適度な運動は体温を上昇させて免疫力を向上させ、血流も良くして自然治癒力が高まる上、ストレスの解消にも役立ちます。
現代人が適度な運動をする目的は、肥満やストレスを防止する事です。肥満やストレスが防止できれば、慢性炎症を起こすリスクを低下させる事が出来ます。

実践目標 - 5 :ストレスを受け流す考え方を身に付ける
ストレスとは、物理的・生理的・社会的及び心理的と言った外部から人を刺激する要因(ストレッサー)により心や体が応答する状態を言います。
『適度』なストレスは人間に必要ですが、『過度』なストレスは脳に悪影響を及ぼして自然治癒力を低下させます。考え方を変える事や運動をする等のストレス対策を取る事が、免疫維持には大変重要です。

実践目標 - 6 :体に必要な睡眠や休息を取る
疲労を回復させる睡眠や休憩はお座なりになりがちですが、疲労が蓄積する事は体にとっては過剰なストレスを溜める事になります。
具体的には、疲労からのストレスは突然死や過労死を招きます。また、デスクワークや乗り物の中では、時々動き血流を良くする事で様々な病気を未然に防ぐ事が出来ます。

しかし。。。。

以上の6項目を厳密に行う生活は、現代の社会環境やストレスが増加する世の中では大変難しいのです。そんな現代特有の問題を解決する対策は、以下をクリックしてご覧下さい!



現代リスクの回避編


インナー・アンチエイジング生活を送れば、本来は誰もが持っている『自然治癒力』が活性化され、健康に暮らすと言う『ヘルシーエイジング(健康的な加齢)』が実現出来ると理論的には考えられます。
しかし、現実的には、以下の様な回避出来ない多くの『現代リスク』が存在しているのが現状です。

  インナー・アンチエイジング生活の基本については、以下からご覧下さい。


【 回避出来ない現代リスクとなる問題 】
◇ 現在の野菜は体に必要な栄養分が十分に含まれていない上、無農薬野菜のみで
  食事をまかなう事は外食や子供達の給食を考えると、三食全てを理想的な食事に
  する事は難しいという問題。

◇ 玄米菜食等の理想的な食事に厳密に変えると、自分でも気づかぬうちに精神的な
  ストレスを感じてしまう問題。

◇ 理想通りの食事が摂れないと思う事自体が、更にストレスを生んでしまう問題。

◇ 仕事や子育て等日常生活を送っていると、十分な睡眠や休息や適度な運動を行う
  事は現実的には難しいという問題。

◇ 現代社会には、自分の努力では避けられないテクノストレスや社会不安があり、
  これらのストレスを避け生きる事は難しいという問題。

◇ 食品添加物、環境汚染、放射能汚染等の問題は、自らの意思で避けるにも限界が
  あるという問題。 

  つまり、解決や回避が難しいこれら問題点を『現代生活のリスク』と
  認識し、これらの問題を回避する対策が取れれば、病気になるリスク
  (危険)が回避出来ると考えられます。

  そのリスクを回避する対策が、『7つ目の改善点』です。


インナー・アンチエイジング生活の『6つの実践項目』を現代社会で実践する事は、多くの時間を必要とする上にかなりのストレスが伴います。特に現代人を取り巻く生活環境の悪化は、自らの心構えや努力では解決出来ない問題が多い事も事実です。
更に仕事をしたり、家事や子育て等と並行して正しい生活を継続する事は、どなたにとっても大変難しいのが現実ではないでしょうか?
事実、私が療養中に再発予防を目的にインナー・アンチエイジング生活を実践しましたが、時間が非常にかかる上に現代食にドップリ浸かった人間にとって『食』の改善は過度なストレスを生む事を身を持って経験しました。
そこで、インナー・アンチエイジング生活に『7つ目の改善点』として、『機能性食品』をストレスを排除する為に有効活用する事で楽しく継続する事が出来ました。

自らの生活習慣改善の不足部分を『機能性食品』で補う事は、時間の節約やストレスの減少にも役立ちますが、何よりも『自分の努力不足で再発をしたら。。』と言うストレスから開放された事は一番のメリットだと思います。ストレスは、免疫力維持には大敵なのです。
お陰様で、今もストレスなくインナー・アンチエイジング生活を続ける事が出来ている為、毎日健康に暮らせています。

 『機能性食品』に関するご説明は、以下から内容説明がご覧頂けます。


  【 最終的なインナー・アンチエイジング生活のイメージ 】

食が欧米化する以前は、日本食と前近代的生活をする事で健康が維持されており、
健康食品やフィットネス・クラブなどは全く必要ありませんでした。
しかし、現代社会は食の欧米化に始まり、交通手段の発達や近代農業改革等多くの社会的環境が変化しており、もはや自らの意思でコントロールが出来ない状況です。

そこで、昔と同じ生活条件ではない事で発生する『現代生活のリスク』を回避する方法は、製造技術が進んだ現代社会だからこそ入手出来る『機能性食品』を逆に有効活用する事で対処しては如何でしょうか?

但し、7番目の追加改善点として活用する『機能性食品』は、自分の生活習慣で補足すべき項目や現在の体調を考え、『適切な効用がある機能性食品“素材”』が配合されている『機能性食品』を自らの責任で厳選する必要があります。

  古々彩々が厳選した機能性食品の『素材』は、以下からご覧頂けます。


尚、現代リスクを回避する『機能性食品』は、各々の生活スタイルや努力度合い等により調整をする必要がございます。古々彩々では、コンサルティング・サービスをご要望に応じて無料でご提供しております。ご不安な方は、是非ご検討下さい。

  健康ライフ・コンサルタントがご提供するサービスは、以下からご覧頂けます。

機能性食品‘素材’とは


『機能性食品“素材”』は、『機能性食品』を製造する際の『原材料』です。
機能性食品は、薬の様に副作用がなく、自然の力で生活習慣病などの疾病発生リスクを低減させてくれる食品です。これらの機能性食品について調査・研究をした結果、古々彩々が厳選した機能性食品には以下の『機能性食品“素材”』が原料として使用されている事が確認できました。
『機能性食品“素材”』が持つ特性に関しては、以下で内容をご確認頂き機能性食品をご選択する際にお役立て下さい。

尚、以降のからご覧頂ける『素材詳細』の資料は、『機能性食品』を製造する際に使用される原材料である『素材』のご説明となります。
よって、各素材詳細の内容は、素材単体が持つ『働き』、『機能性』であり、その素材を含む機能性食品の『働き』、『機能性』を保障するものではありません。
あくまでも『機能性食品』ご選択の参考情報として、ご利用頂ければ幸いです。

米ぬかアラビノキシラン(素材名:バイオブラン または、MGN-3)

精製ナットウ菌培養物(素材名:NKCP)

LK乳酸菌米培地生成物(素材名:米ケフィラン)

ビール酵母(学名:サッカロミセス・セレビシュ)

有胞子性乳酸菌(別名:中山菌)

米由来乳酸菌(乳酸や酢酸をつくる細菌の総称)

フラフトオリゴ糖(難消化性糖類)

有用微生物群(素材名:EM(Effective Microorganisms))

   ⇒ 本素材は、製造元およびに第三者機関から公式なエビデンスが提供されて
     おりません。但し本素材に関しては、古々彩々代表の齋藤が経験した闘病
     経験が唯一無二のエビデンスと考えています。
     闘病ブログにご興味ある方は、以下からご覧下さい。
 

  尚、有用微生物群(EM)の詳細は、『EM知識講座』をご用意しております。


機能性食品とは


日常の食事で摂る食品は、体に働く3つの機能がある事が明らかになっています。
 1)栄養機能   :食品が栄養になる機能。
 2)感覚機能   :美味しいと感じさせる機能。
 3)生体調節機能 :人の生命活動を調節する機能。(第三の機能)

これらの3つの機能の内『1)栄養機能』と『2)感覚機能』の機能は、誰もが感覚的に知っている機能ですが、『3)生体調節機能』は近年の研究で明らかになった機能で『第三の機能』と呼ばれていす。
そして第三の機能を持った食品が、『機能性食品』 と呼ばれています。
近年、機能性食品が期待されている理由は、『生体調節機能』に食品中にある有害物質を中和解毒する機能、体を調節する機能や健康増進に役立つ機能があり、その機能が生活習慣病の予防・改善に役立つ事が期待されているからです。


第三の機能を持つ機能性食品を摂る事で、体内では下図のように生体機能調節・生体防御・疾病予防・老化抑制など健康にとって必要な様々な機能が働きます。

機能性食品は、.廛蹈丱ぅティクス、▲廛譽丱ぅティクス、バイオジェニックスの3つのカテゴリに分類され、夫々が上記の様に腸内で働いて生命活動に有用な作用をしています。

『腸内フローラ』は、善玉菌、悪玉菌と普段はどちらでもない日和見(日和見)菌の3種類から構成される約100兆個の腸内細菌です。機能性食品に刺激される事により腸内フローラのバランスや代謝活性が改善されると体の60%以上を占める『腸管免疫力』が強化され、上図の右側にある『食品摂取で働く機能』が強化・改善される作用が生じます。


機能性食品は、『機能性食品‘素材’』を主要素材として開発・製造される食品です。
『機能性食品‘素材’』は、素材の持つ効用により大きく分けて以下の3つに分類されます。
尚、健康を『トータル・サポート』する為には、3つの機能性食品素材がバランス良く配合された機能性食品を摂る事が重要です。
例えばレンチンプラス特別仕様版は、バイオブランに有胞子性乳酸菌やビール酵母を加える事でレンチンプラス1000を更に健康をトータル・サポートする機能性食品へ発展させています。

【機能性食品を構成する3つの素材】

1)プロバイオティクス :(例):有胞子性乳酸菌
定義 :生きた状態で摂取すると、腸内環境を改善して健康に有利に働く細菌や酵母
効用 :腸内環境の改善・糞便内の腐敗産物の減少・腸の蠕動(ぜんどう)運動を
    盛んにして便秘解消・整腸作用などを行う。

2)プレバイオティクス :(例):ビール酵母
定義 :消化されにくい食品成分の為大腸まで届き、大腸の有用菌を増殖させ有害菌
    を抑制する事で腸内環境を改善する。
効用 :便秘予防・有害物質の吸収抑制と排出を促進して大腸がんや乳がんの予防を
    行う。血清コレステロールの低下・中性脂肪の低減・血圧上昇の抑制・血糖
    値の上昇抑制などの作用も行う。

3)バイオジェニックス :(例):バイオブラン
定義 :直接体に働いて免疫機能を高めたり、コレステロールや血圧、血糖等を下げ
    たり、活性酸素を減らしたりする食品。
効用 :がんや老化の予防・血圧降下・血糖調整・カルシウム吸収促進・生活習慣病
    予防・中性脂肪上昇抑制・免疫賦活・抗アレルギーなどの作用を行う。

『機能性食品‘素材’』に関するご説明はコチラから ⇒ 


健康維持には自然治癒力のバランスを維持する事が大変重要ですが、現代社会では健康維持の為に自然治癒力を維持する事は並大抵の努力ではなく、病気になるリスクを回避する事は大きな課題となっています。
そこで『インナー・アンチエイジング生活』では、基本生活6項目に加えて7番目の『機能性食品』で自然治癒力を向上や維持をする補助対策をお勧めしています。
もちろん理想的な健康生活が行えれば、7番目の『機能性食品』による補助対策は必要ないと考えています。
しかし、現実的には外食もしますし、仕事や友人とのお付き合いの場まで理想的な食生活を求める事は不可能です。それに、長年続けてきた今迄の生活習慣を変える事は並大抵の努力では実現できず、むしろストレスが溜まるばかりです。

そこで考え方を変え、可能な限り理想的な生活はするもののやむを得ず対応出来ない事で発生する病気リスクを『機能性食品』の活用で補う事が、現代社会を生き抜く一つの賢い選択肢と考えています。頑張り過ぎてストレスを生む生活は、逆効果を生んでしまう事も考慮して生活スタイルを考える必要があります。

以下の図は、機能性食品が自然治癒力に及ぼす働きを示しています。現代では製造技術の発達で、今までの食事から摂る事だけでは体に取り入れる事が難しい食品素材が現代技術で新たに開発されています。
無理なく健康を目指す生活をする為には、『機能性食品』は現代の必須アイテムと言っても過言ではありません。

ウェルネス診療のご案内



『インナー・アンチエイジング生活の実践』は、以下の定義に書かれているように\気靴だ験莉慣の実践、機能性食品の有効活用が基本であり、その実践方法は『セルフメディケーション』が中心となります。



『セルフメディケーション』は、WHO(世界保険機関)では『自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調(minor ailments)は自分で手当てすること』と定義している様に『自分で考え実践』しなくてはなりません。

インナー・アンチエイジング生活をセルフメディケーションで実践されている方に感想をお聞きすると、以下の3つの問題がある為に実践が難しいというご意見をお聞きします。

 【インナー・アンチエイジング生活を実践する上での問題点】
   自分の健康状態を医学的に知る手段がない。
   インナー・アンチエイジング生活の実践で効果を知る手段がない。
   一般的ではなく、目指す生活習慣改善を指導してくれる医療機関がない。

以上問題点を解決する方法は医療機関のサポートであり、サポートがあれば的確にかつ安心して実践が出来ますので、インナー・アンチエイジング生活をより多くの方々に実践して頂く為には医療機関の体制づくりが大変重要だと考え努力をして参りました。


この様にインナー・アンチエイジング生活を実践する上で障害となる大きな3つの問題点を解決する為には、『ウェルネス診療』を行う医療機関にサポートをお願いすれば良いのですが、日本の医療は保険診療が一般的な為に病気でない状態を検査したり診療してくれる医療機関はほとんど見当たらないのが現実でした。

そこで、インナーアンチエイジング生活を実践する為に必要な医療をご提供頂ける診療外来を医療機関に新たにつくって頂こうと考え、理想の『ウェルネス診療』を企画してその実現に向けて活動を開始致しました。

以下の内容が、インナー・アンチエイジング生活を実践する為に医療的な側面からサポートして頂ける理想の『ウェルネス診療』の概要です。これらの診療内容は、保険診療では病気治療を対象としている為に一般の医療機関では提供されていない『自由診療』の診療内容になります。

 1.健康で病気を予防する為に重要な『自然治癒力』診断の提供
    ⇒ 免疫力検査・腸内環境検査・ストレス検査・血液血管検査等の診断

 2.自然治癒力を強化・改善する診療の提供
    ⇒ 自然治癒力診断に基づき、生活習慣指導の実施とその経過観察

 3.まだ病気でない『未病』状態を改善する診療の提供
    ⇒ 未病の症状を改善する治療や生活改善指導の実施とその経過観察


ついに平成25年9月から『田園調布中央病院(東京都大田区)』において、インナー・アンチエイジング生活を実践する上で強い味方となる医療サポートを行って頂ける『ウェルネス自由診療外来』が開始されましたのでお知らせします。

この度、なぜ田園調布中央病院がウェルネス診療をご提供して頂く事になったのかについてご説明をさせて頂きます。
田園調布中央病院は、古々彩々代表の悪性リンパ腫を発見して頂いた病院です。悪性リンパ腫の病状が進んでいた(ステージ検飽戮房N鼎魯ン専門病院で行いましたが、寛解後に悩まされた抗がん剤による副作用等の医療サポート対応をお願いした病院でもあります。つまり、インナー・アンチエイジング生活を実践し、現在も再発せず元気に暮らしている事実を医師の立場から見守って頂いた病院なのです。

一方、田園調布中央病院では以前から健康維持や病気予防を行う専門の診療外来を新設したいという状況であった為、古々彩々からの強烈なアプローチをご理解頂きインナー・アンチエイジング生活をサポートする『ウェルネス自由診療外来』を新設して頂ける運びとなりました。

インナー・アンチエイジング生活には興味があるが、医学的なサポートをご希望の方は『田園調布中央病院 ウェルネス自由診療外来』へ是非ご相談下さい。本外来では、古々彩々でご提供しておりますレンチンプラス1000LYをはじめエヌケイシーピーやケフィーラPlus等の機能性食品に関する摂取相談も実施されています。
また、ウェルネス診療は健康維持・病気予防を目的にしていますが、ガン治療中の方や予後の状態を高めたい方がインナー・アンチエイジング生活を実践したい場合も医療的な見地からサポートして頂けます。是非ご相談下さい。

【病院情報】
 医療法人 社団七仁会 田園調布中央病院 ウェルネス自由診療外来
             住所 :東京都大田区田園調布2-43-1


  ご興味がある方は、以下の『詳しくはコチラから』をクリックして頂けば、
  田園調布中央病院 ウェルネス自由診療外来の詳細をご覧頂けます。